« 「第2回潜水医学講座館山セミナー」報告  2011.7.2(土) | トップページ | 海の危険生物による刺傷・咬傷などの写真を募集 »

「水中写真と減圧症を考える」 東北に元気を送ろう!共同写真展at野口英世記念会館にて 2011.7.17 (館山セミナー分室潜水医学講座)

S_0001_2 S_0002

2011/7/17(日)。
 「東北に元気を送ろう!共同写真展at野口英世記念会館」のイベント内において
館山セミナーの分室講座として、潜水医学講座「減圧症とその予防法」〜 水中写真と減圧症を考える 〜が開催されました。
 http://photo110716.image.coocan.jp/events/

S_0003

 今回の講演では・・
 減圧症を知るための基礎編から水中写真を楽しみながらどうすればならないかの応用編、実践編まで幅広くお話を山見先生から聞くことができました。
 水中写真を撮っていて減圧症になったケースについて統計的な検討などもあり、フォト派ダイバーがどのような潜り方をするとどういうタイプの減圧症になりやすいかについて具体的な内容で大好評でした。

 講演のあと・・
「写真を撮るダイバーにとっては、ほんと納得できる話だった」
「こんないい講演に事務局はもっと広く告知するべきでした」
などの講演後皆様から感想を頂くこともできました。

 本講演前には・・
潜水医学講座第2回館山セミナー「ダイビングにおける耳のトラブル対策」~ほんとうに正しい耳抜きしてますか~2011年7月2日に館山で行われた講演会映像の再上映もしました。

S_02   S_0003_3
館山まで来られなかった、ダイバーの皆様方が見に来て下さいました。
 http://tateyama-seminar.com/report/110702.html

そして、この日は海の日・・

0006_2

 S_0005S_004_2

講演当日の早朝からには千葉県館山市坂田でダイビング。
「できること潜ること」の実行委員長の中村征夫さんと一緒にダイビングしました!
 http://www.dekimogu.net/

S_0007  

お昼には会場の新宿区大京町にある野口英世記念会館へ戻り、山見先生の講演後には水中カメラマン中村征夫さんと潜水医学の山見信夫先生の2人が当日朝潜った館山の海の映像を映しながら「安全にダイビングを楽しむ」対談をしていただきました。

S_0011

中村征夫&山見信夫・貴重な対談「安全にダイビングを楽しむ」実況まとめ
スクーバダイビング.jpより
 http://www.scubadive.jp/news/?p=4913 


S_0009_2 S_0010

 前日の「東北に元気を送ろう!共同写真展at野口英世記念会館」のオープニングパーティーから考えると、征夫さんにも山見先生にも、本当にハードスケジュールこなして頂きました。ありがとうございました。

S_0008_2

 今回の「東北に元気を送ろう!共同写真展at野口英世記念会館」内での潜水医学講座開催にあたり、野口英世記念会館の関係者の皆様、イベントにご 協力いただきました多くの企業の皆様、準備企画開催に、ご尽力ご協力頂きました沢山のダイバーの皆様、この場をお借りしてお礼を申し上げます。
 そして、急な講演会ではございましたが、ご参加頂いた皆様本当にありがとうございました!

東北に元気を送ろう!共同写真展at野口英世記念会館
http://photo110716.image.coocan.jp/

|

« 「第2回潜水医学講座館山セミナー」報告  2011.7.2(土) | トップページ | 海の危険生物による刺傷・咬傷などの写真を募集 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366346/43783314

この記事へのトラックバック一覧です: 「水中写真と減圧症を考える」 東北に元気を送ろう!共同写真展at野口英世記念会館にて 2011.7.17 (館山セミナー分室潜水医学講座):

« 「第2回潜水医学講座館山セミナー」報告  2011.7.2(土) | トップページ | 海の危険生物による刺傷・咬傷などの写真を募集 »