« 2012年1月 | トップページ

2012年9月

房日新聞 2012年9月14日の一面に掲載

02_5   ダイバーの事故防止に
(房日新聞 9月14日金曜日版)

 ダイバーの事故防止などを狙いとした潜水医学講座館山セミナーが、10月6日午後4時半から、館山市の県南総文化ホール(小ホール)で開かれる。同セミナー実行委員会が主催する。
 当日は、医療法人信愛会山見医院副院長で、潜水医学が専門の山見信夫氏を講師に迎え、危険な海洋生物などについて聴く。
 ダイバーの安全意識の向上を狙いに2010年に館山セミナー実行委員会が組織され、この年からセミナーを開催。今回が3回目となった。継続的なセミナーは全国でも少なく、これまで地元ほか県外のダイバーや、消防職員、自衛隊員などが聴講しているという。
 セミナーでは、山見医師が「海洋危険生物による傷害とその対処法」「減圧症の最新情報」と題して講演する。
 海洋危険生物では、どんな生物でアナフィラキシーショックが起こるのか、刺傷の場合の応急対処法などを、減圧症では、基礎知識の復習、減圧症になりにくい浮上方法などを語る。
 開会に先立ち、午後2時から昨年のセミナーにおける講演DVDを放映する。
 同実行委員会では、「小さなけがから死傷事故まで、海洋で起こり得る危険性を再認識する機会になると思う」としており、多くの受講を呼びかけている。
 参加費は、一般1000円、学生500円。問い合わせは、ホームページか、実行委員会事務局(03-5367-1277 ファックス03-5367-1276)へ。

01_5

|

マリンダイビング10月号に掲載

ダイビング雑誌「マリンダイビング」10月号に「第3回潜水学講座 館山セミナー」を情報として掲載していただきました。

01_4

館山の伊戸「だいぼ」で会いました。

02_2

|

ダイバー10月号に掲載

ダイビング雑誌「ダイバー」10月号に「第3回潜水学講座 館山セミナー」を情報として掲載していただきました。

01_2

02

|

« 2012年1月 | トップページ